【必見】妊活におすすめの食べ物や飲み物まとめ!はぐマカの効果の口コミや評判、評価など

妊活するなら知っておきたい!良い食べ物と悪い食べ物!

妊活するなら知っておきたい!良い食べ物と悪い食べ物!

 

 

妊活中は食生活を気を付ける必要があります。

 

普段私たちが何気なく食べているものが、妊娠力を上げる効果の高いものも多くあります。意識して採ってほしい食材もあれば、逆にあまり積極的にはとって欲しくない食べ物もあります。

 

そこで、今回は妊活に良い食べ物・悪い食べ物について紹介したいと思います。

 

【体を温める食べ物】
妊娠力を上げるためには、体を温めることが必須条件になります。

 

そのため、体温を上げてくれる食べ物を摂取してください。大根やゴボウなどの根菜類は体温を上げる作用があります。また、体温を上げることで有名な生姜はとても便利な食材です。

 

お食事だけでなく、すりおろして飲み物などに一緒に入れると簡単に口にすることができます。体をポカポカと温めて妊娠しやすい体を作りましょう。

 

 

 

 

【子宮を回復させる食べ物】
子宮のケアも妊活には必要になってきます。

 

お肌と違い直接化粧水を塗ったりできるわけではありません。そのため、内側から健康にする必要があります。

 

子宮の回復に効果があるのは、青シソです。青シソは疲れを癒してくれるため体をリラックスさせてくれます。また、食欲不振なども軽減させる効果があります。

 

次はアボガドです。アボガドは、若い女性を中心に人気のある食材です。栄養が豊富で、老化予防にも効果があります。さらに、ビタミンEが豊富のため美容効果も高いです。

 

最後は春菊です。春菊は、胃腸などの内臓器官を整える働きがあります。さらに、免疫機能の低下を防いでくれます。

 

 

 

 

【量に気を付けて欲しい食べ物】
妊活中は、体を冷やす食べ物は悪いと言われています。

 

特に、アイスクリームや牛乳などの乳製品の冷たい食べ物は控えるようにしてください。

 

またカフェインの含まれた食べ物も妊活中は量を気にしてください。カフェインを含むものはコーヒーや紅茶だけではありません。スイーツに使われているチョコレートや、栄養ドリンクなどにも含まれています。しかし、大量摂取をしなければ良いため、完全に口にしないと我慢する必要はありません。1日200ミリグラム以下でしたら問題ありません。

 

適度に好きなものを食べてストレスを減らしましょう。

 

 

 

 

【注意が必要な子宮収縮作用のある食べ物】
食物の中には子宮収縮作用のある食べ物があります。

 

こちらは、過剰摂取することで、妊娠が遠のく可能性が高いです。便秘解消などに効果の高いアロエの皮もその一つです。

 

また、ハーブは妊娠力を高める食材として人気ですが、カモミール・レモングラスは避けてください。こちらは、流産の可能性もあると言われています。せっかく健康な生活を送っていてもこちらを見落としては意味がありません。

 

 

 

 

妊娠力を高めようと考えると意外と注意するべき食べ物は多くあります。

 

しかし、好きな食べ物を我慢することでストレスが増えても体に良くありません。ぜひ、妊活に良い食べ物をしっかり覚えてバランスの良い食生活を心がけましょう。

 

心身共に健康になることで、出産への道が近くなるでしょう。

 

 

こちらも参考にしてくださいね。 ↓

 

 

赤ちゃんを望むなら見逃せないサプリはぐマカ