【必見】妊活におすすめの食べ物や飲み物まとめ!はぐマカの効果の口コミや評判、評価など

妊活中の大切な時期!高温期に食べてほしい食べ物

妊活中の大切な時期!高温期に食べてほしい食べ物

 

 

高温期とは、精子と卵子が受精をして、着床・妊娠をさせる重要な期間です。

 

妊活中の女性にとってはとても大切な時期です。

 

体温の変化や体調のバランスが妊娠へのポイントになります。高温期は、平均14日間と言われていますが、この期間が安定していないと体が妊娠の準備が出来ていない可能性があります。

 

そのため、日ごろの生活を見直して健康的な生活を送る必要があります。今回は、高温期をより良いものにするための、妊娠に繋がる食べ物を紹介します。

 

◇ビタミンE
妊活をする人なら絶対に欠かせないのは「ビタミンE」です。不妊治療をしている男女ともにおすすめしたいのがビタミンEです。

 

ホルモンを活性化させる働きがあります。また、冷え性にも効果があるため女性に人気があります。病院から処方されるほど信頼のある栄養素です。

 

ビタミンEを含む食べ物はひまわり油・玄米・抹茶・煎茶・ヘーゼルナッツ・アーモンド・いくらなどです。

 

 

 

 

◇イソフラボン
イソフラボンは、高温期の妊活女子の強い味方です。イソフラボンを摂取することで、子宮内膜がサポートされます。

 

しかし、イソフラボンが合わない方や過剰摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れる可能性があります。低温期が長くなり妊娠力が低下するためご自身の体に合わせた量を採るようにしましょう。

 

イソフラボンを含む代表的な食べ物は豆乳・納豆・味噌・油揚げ・豆腐・おから・厚揚げなどです。

 

特に豆乳は万能です。コンビニなどで簡単に購入できるためランチタイムにお弁当と一緒に飲んだり、料理に混ぜると意識しなくても簡単に採ることができます。

 

 

 

 

◇亜鉛
亜鉛は、妊活中の男性にはぜひ採ってほしい栄養素です。亜鉛は、精力を上げ、精子をつくる効果があります。

 

そのため、普段の生活から亜鉛を意識して食べると良いと言われています。

 

しかし、実は男性だけでなく女性の妊活にも亜鉛は重要な働きをします。亜鉛は、正常に女性ホルモンを働かせるために必要な栄養素です。

 

妊娠するためには、女性ホルモンのバランスを整える必要があります。亜鉛が不足すると、ホルモンバランスが崩れ、月経周期が乱れるなどの症状が起きます。妊娠したい方は亜鉛を意識して採る必要性があります。

 

ただし、採りすぎてしまうと免疫力の低下を起こすこともあるため気を付けてください。

 

 

 

 

主な食べ物はアーモンド・ごま・カシューナッツ・うなぎ・するめなどです。カシューナッツやアーモンドは軽食でも簡単に食べれるのでおすすめです。

 

女性の体はとてもデリケートです。少しの食生活でホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

短期のみのバランスの良い生活ではなく、継続的な生活を考えるには、少しずつ生活を変えていく必要があります。ぜひ、ストレスを軽減させながらヘルシーな生活を心がけましょう。

 

 

妊活中は夫婦で食べ物に気を付けたいものです。

 

下記の記事も参考までにどうぞ。

 

 

妊活カップル必見!夫婦で食べたい食べ物