【必見】妊活におすすめの食べ物や飲み物まとめ!はぐマカの効果の口コミや評判、評価など

生理中の妊活って何をするの?調子を整える食べ物を知ろう

生理中の妊活って何をするの?調子を整える食べ物を知ろう

 

 

妊活を始めた夫婦にとっては生理というのはとても落ち込みやすい時期です。

 

生理は、気持ちも心もつらくなりますが、次の妊娠へ向けた準備をする大事な時期です。

 

生理中は無理は禁物です。そのため、激しい運動やダイエットは厳禁です。しかし、運動全般が禁止なわけではありません。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽めの運動は様子を見て行って大丈夫です。適度な運動をすることで健康的な生活を送ることができます。

 

女性の体はホルモンバランスが崩れてしまうと妊娠が遠のいてしまいます。そのため、安静にして健康に良い食べ物を食べましょう。では、どんな食べ物が生理中は良いのでしょうか?

 

生理中は、体中の血液がなくなります。そのため、積極的に鉄分を採るようにしてください。

 

 

 

 

貧血になって寝込んでしまっては、妊娠力は高まりません。そこでおすすめなのが「鉄分」です。

 

鉄分を多く含む食べ物は、レバー・かつお・いわし・しじみ・パセリ・ほうれん草などです。肉類は赤身のほうが鉄分が多く含まれています。また、魚類にも鉄分が多い魚は多く味噌汁などで飲むと栄養価が高く、簡単に食事に取り入れられます。

 

ビタミンEも生理中には積極的にとって欲しい栄養素です。不妊治療に効果があると言われているビタミンEですが、実は女性を苦しめる生理痛を軽減させる効果もあります。生理痛を止めるためにはホルモンのバランスを安定させる必要があります。

 

そこで、活躍するのがビタミンEです。ビタミンEは生理不順にも効果があるため、女性の強い味方です。ビタミンEはアーモンド・かぼちゃ・ひまわり油・木綿豆腐・卵・レモン・キウイフルーツです。
どれもスーパーマーケットなどで簡単に手に入る食材ばかりです。

 

 

 

 

最後は体を温める食べ物です。

 

妊活をするなら、生理中ももちろん体を冷やすことは良くありません。体が冷えると妊娠しにくい体になってしまいます。飲み物は温かいもの、または常温水などを利用しましょう。

 

さらに、食べるものは体を温めることができる料理が良いです。生姜などで体を冷やさないように工夫するのも良いと思います。生姜は食べ物だけでなく、飲み物にも利用できるので携帯して、妊活中は積極的に食べるのも良いでしょう。

 

 

 

 

生理は、毎月くる女性にとっては鬱陶しい時期かもしれません。

 

しかし、健康な女性にとって、生理は夢の妊娠生活に向けた大切な準備期間です。体内の中から綺麗に、妊娠の準備を進めるためにもぜひ食生活を見直してみてはどうでしょうか?

 

妊娠に限らず、女性ホルモンを整えることが健康的な体づくりに繋がります。

 

料理が苦手でも、工夫一つでバランスの良い食生活も夢じゃありません。

 

こちらもどうぞ。  ↓

 

 

妊活中おすすめの食べ物&飲み物はこちら