【必見】妊活におすすめの食べ物や飲み物まとめ!はぐマカの効果の口コミや評判、評価など

妊活中は絶対にダメ!避けるべきNGな食べ物って知ってますか?

妊活中は絶対にダメ!避けるべきNGな食べ物って知ってますか?

 

 

妊活をすると決めたカップルは、健康に気を付けて栄養に良い食事をしています。

 

外食を避けたり、カロリーを抑えたり、アルコールを避けたりと一般的にも有名なものは多くあります。

 

しかし、妊娠すると体内環境は大きく変わります。そのため、普段以上に食生活に気を付けなければならないことがあります。

 

そこで、どんな食べ物がNGで避けるべき必要があるのかを調べてみましょう。

 

 

妊活中は絶対にダメ!避けるべきNGな食べ物って知ってますか?

 

 

カフェインは、妊活中に避けるべき食べ物の一つです。カフェインは1日に300ミリグラム以上採ると不妊の原因になると言われています。

 

コーヒー一杯に約130〜140ミリグラムのカフェインが入っています。そのため、飲む量を調整するか、カフェインレスのコーヒーやたんぽぽコーヒーなどに変えるなどの工夫をすると良いでしょう。コーヒーを飲む機会が多い方は1日どれぐらいの量を飲むか1度計算してみるのも良いかもしれません。

 

アルコールももちろん妊活の敵です。アルコールに含まれているアセトアルデヒドは、赤ちゃんの遺伝子情報に悪い影響を与えます。

 

また、生理不順の原因にもなります。さらに、アルコールは妊活中の男性も控える必要性があります。飲酒をすることで奇形な精子が生成されたり、勃起機能が低下します。

 

妊活中は、夫婦でお酒は避けるべきと覚えて起きましょう。

 

 

 

 

生肉・生卵は不妊に繋がる食べ物です。これらには、サルモネラ菌が含まれており、食中毒などになる可能性が高くなります。おう吐や下痢などの症状がその一つです。妊活の間は避けるようにしましょう。

 

大豆食品は、過剰摂取をするとホルモンバランスが崩れてしまうと言われています。

 

女性は豆乳や大豆製品などを口にする機会が男性に比べて多いのではないでしょうか?大豆イソフラボンは、ポリープや子宮内膜症、不妊症の原因になります。大豆製品の過剰摂取はできるだけ控えましょう。

 

 

 

 

 

 

・仕事などで忙しい人たちは冷凍食品を食べていると思います。

 

しかし、妊活に悪影響と言われているトランス脂肪酸は、生活に便利な冷凍食品やインスタント食品に含まれています。

 

トランス脂肪酸は、卵巣機能や子宮内膜症に影響が出ます。男性もトランス脂肪酸を多く摂取していると精子が減少してしまうため妊娠力が低下してしまいます。

 

妊活中は、出来るだけ自炊をすると良いでしょう。

 

 

妊活中は絶対にダメ!避けるべきNGな食べ物って知ってますか?

 

 

妊活ではNGな食べ物は多くあります。しかし、神経質に考えるのではなく、バランスの良い食生活を採ることを頭に入れてストレスのない生活を送りましょう。

 

元気な赤ちゃんと出会うためにも、妊娠前から生活を見直しましょうね。

 

 

こちらも参考までに  ↓

 

妊活するなら知っておきたい!良い食べ物と悪い食べ物!